| そのだるさ、原因は冷房かも!?
891
post-template-default,single,single-post,postid-891,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,paspartu_on_top_fixed,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1,vc_responsive

そのだるさ、原因は冷房かも!?

そのだるさ、原因は冷房かも!?

こんにちは、小原治療院の小原です。

 

関東も梅雨入りし、これから25度を超える夏日が多くなると、冷房に頼ることも増えると思います。

 

電車や職場など、冷房が効いている所に出たり入ったりを繰り返したり、長い時間過ごしていると、体は大きなストレスになることをご存じですか?

いわゆる「冷房病」や「クーラー病」といった体の『冷え』が原因で起こってしまう症状です。

これは、夏だけの症状と思われがちですが、慢性化してしまうこともありますので、対策をしっかりしていきたいものですね。

本日は、クーラー病の症状と対策をご紹介していきます。

 

冷房病の症状

オフィスや店舗などでお仕事をする方に多い冷房病。特に女性の方に多いのですが、症状は主に頭痛・肩こり・腰痛・腹痛・だるさ・食欲不振・不眠・むくみなどがあります。

ひどくなると冷房のきいた部屋に入っただけで頭痛や嘔吐などを起こすこともあり、早めに対策や予防をすることが大切です。

冷房病の対策
冷房病は、体が冷房による急激な温度変化に対してついていけない状態のことです。そのため体の自律神経系が乱れることで上記のような症状が表れます。

 

特に直接冷風に当たると体調を崩すことがある為、冷風が当たる場所はできるだけ避け、帽子や薄手の上着を一枚持つなど、急激な温度変化から体を守ることを心がけましょう。

 

オフィスで冷えるという方は、マスク・腹巻き・レッグウォーマー・アームカバー・厚手の靴下・ひざ掛けなどを常備してみるのもいいですね。

 

お風呂もなるべくバスタブに入浴することをおすすめします。38℃〜40℃くらいの少しぬるめのお湯に15分〜20分くらい半身浴をすると体の芯から温まり血流を改善することが出来ます。

 

体を温めるツボとしては、足の内くるぶしから4〜5cm上にある三陰交(さんいんこう)というツボと膝のお皿の内側から2〜3cm上にある血海(けっかい)というツボがあります。

ツボ周辺と押し比べてツーン!とくるところがツボです。そこをゆっくり10秒ほど痛気持ちよい程度に3回程押すと、血流が良くなり冷えが楽になるといわれています。
小原治療院でも冷房を入れてますが、私が少し冷房が苦手なため弱めに冷房を入れています。
今年も暑くなりそうですが、冷房の効いてる所では、こまめに体温調節をすることで元気に過ごしていきたいですね。

☆小原治療院☆